FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「道徳的処方箋」 (Rules And Regulations)
ルイスキャロル6



がっくり気落しない為

ちょっぴり知恵を与えようか

すっぱりと時々職場を変える

さっぱり気分を転換する

のんびりスポーツに精を出す

ちゃっかり自分の都合に合わせ

ばっちり天下と国家を論ず

ほんわり友達を家に招ぶ

しっかり五体を怪我から守る

やんわり会話の話題をずらす

しんみり思索に沈潜する

こうすりゃ がっくり気落もすまい

喋る時には文法的

訛りを直して滑らかに

ものを書くにも文法的

歌を歌うなら甘やかに





かのジョンレノンが好きだったというイギリスの詩人(反詩人?)
ルイスキャロルの訳詞です。
ルイスキャロルはこんな事を書いてます。
「まず文章を一つ書く。そいつを細かくぶったぎる。
そいつをかき混ぜ運まかせ・・・さわった順に並べてゆく。
語句の順序がどうなるか、さような事は気にしない。」
パロディ、ユーモア、不真面目?の作風がいい感じです。

ジョンがビートルズ時代に作った 「I Am The Walrus」
の歌詞はおそらくルイスキャロルの
影響を受けていると思います。(推測ですが)
「俺は卵男
彼らも卵男
俺はセイウチ」・・・
なんとなくルイスキャロルっぽい?
そういえば「SGT Peppers Lonely Hearts Club Band」の
ジャケットには色んな著名人の写真が載っていますが
その中にルイスキャロルも入っていたのを今、思い出しました。

この詩は「不思議の国の言葉達」(筑摩書房)からの引用です。
訳者のセンスが伺える訳詞だと思います。
かなり古い本ですが、久々に読む返してみて面白いと思いました。
原詩はこれでもかというくらい韻を踏んでいて…
その辺の遊び心を残した訳詞になってます。


「I Am The Walrus」




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
荒野鷹虎さん、いつも有難うございます。
入院されてたんですね・・・
でも元気そうで、なによりです。
養生して下さい。

私も胃潰瘍で入院した事があります。
その時に、ピロリ菌を除菌して以来、
胃の調子は良くなりました。

2008/07/02(水) 22:36:33 | URL | まるち #-[ 編集]
画期的な記事でした。!挑戦する価値があります。

エアコンの害に負けないでください。

反戦はいいのですが、残念ながら、余り、歌が知りません。
2008/07/02(水) 12:09:21 | URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
わたる君もルイス・キャロル好きなんだ・・・
なんとなく分かる。
記事には書かなかったけど、
ジョンの「Lucy In The Sky With Diamonds」は
ドラッグの影響説があるけど・・・
俺はルイス・キャロルの影響を感じる。
あんな幻想的な詩はポールは書かないよね。
まあジョンの独創力の賜物だと思うけど。

風邪なんか引きたくなかったんだけど・・・
もろエアコンが直撃するオフィス環境は
なんとかして欲しいな・・・
と思う今日この頃です。

2008/06/27(金) 00:46:57 | URL | まるち #-[ 編集]
こんばんは。
ルイス・キャロル大好きです。サージェントペパーズも。
とっても面白い記事でした。有難うございます。
カゼはよくなりましたか?
2008/06/26(木) 23:59:13 | URL | 響わたる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。