FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♪ 眠れるジプシー女(gagalagalagala googoogoo !)
眠れるジプシー女 小



マンドリンの音色は 風に溶け

ジプシー女は 歩き疲れて

透き通る暗闇の 中に横たわる

44日の旅は もうすぐ終わる

du・・.dududu・・・ gagalagalagala googoogoo !

du・・dududu・・・ gagalagalagala googoogoo !


さざめきすすり泣く 風は遠く近く

女の頬を撫でる 道に迷う

冷たい月が半分 雲に隠れる

そしてジプシー女に 影が忍び寄る


長い旅の後だから 女は眠りに落ちる

近ずく黒い大きな影にも 気付かず・・・


du・・.dududu・・・ gagalagalagala googoogoo !

du・・dududu・・・ gagalagalagala googoogoo !


はるかな夢路を辿る ジプシー女

優しげな微笑は 愛する者の夢

星は光らない 空は落ちて来る

砂漠の向こうには 女の愛があった 


長い旅の後だから 女は眠りに落ちる

近ずく黒い大きな影にも 気付かず・・・

du・・dududu・・・ gagalagalagala googoogoo !

du・・dududu・・・ gagalagalagala googoogoo !









 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
荒野鷹虎さん、いつもありがとうございます。
最近、ブログ更新が途絶えていましたが、
コメントいただいて、又やる気になりました(笑)
この歌はフランスの画家アンリルソーの絵に
啓発されて書いたものです。
思えば、自分もジプシー男?のような人生だったような
気がします。今だ落ち着いていません(笑)
鷹虎さんのおっしゃっていた「偲びあい」という映画
見てみたいと思いました。
2008/04/30(水) 21:46:22 | URL | まるち #-[ 編集]
私も若いときジプシー男?を気取って飲み歩いた人生でした。この詩のような綺麗なものではなかったですが。こんなにも人を思う歌を書かれるまるちさんのやさしい憂いを見たことがありません。私は詩が一番理解できない拙男ですが、流れ者を流れ星の一瞬の美として捕らえるまるちさんの詩情豊かな心はさぞ人情の篤い人なのでしょうね。只の酔人が粋人らしくコメントしたことを恥じ入るしだいです。確か{偲びあい」?でしたかなーフランスかイタリアか映画ありましよね。そんな感じを微かに思い出しました。
2008/04/28(月) 18:55:50 | URL | 荒野鷹虎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。