FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「道徳的処方箋」 (Rules And Regulations)
ルイスキャロル6



がっくり気落しない為

ちょっぴり知恵を与えようか

すっぱりと時々職場を変える

さっぱり気分を転換する

のんびりスポーツに精を出す

ちゃっかり自分の都合に合わせ

ばっちり天下と国家を論ず

ほんわり友達を家に招ぶ

しっかり五体を怪我から守る

やんわり会話の話題をずらす

しんみり思索に沈潜する

こうすりゃ がっくり気落もすまい

喋る時には文法的

訛りを直して滑らかに

ものを書くにも文法的

歌を歌うなら甘やかに





かのジョンレノンが好きだったというイギリスの詩人(反詩人?)
ルイスキャロルの訳詞です。
ルイスキャロルはこんな事を書いてます。
「まず文章を一つ書く。そいつを細かくぶったぎる。
そいつをかき混ぜ運まかせ・・・さわった順に並べてゆく。
語句の順序がどうなるか、さような事は気にしない。」
パロディ、ユーモア、不真面目?の作風がいい感じです。

ジョンがビートルズ時代に作った 「I Am The Walrus」
の歌詞はおそらくルイスキャロルの
影響を受けていると思います。(推測ですが)
「俺は卵男
彼らも卵男
俺はセイウチ」・・・
なんとなくルイスキャロルっぽい?
そういえば「SGT Peppers Lonely Hearts Club Band」の
ジャケットには色んな著名人の写真が載っていますが
その中にルイスキャロルも入っていたのを今、思い出しました。

この詩は「不思議の国の言葉達」(筑摩書房)からの引用です。
訳者のセンスが伺える訳詞だと思います。
かなり古い本ですが、久々に読む返してみて面白いと思いました。
原詩はこれでもかというくらい韻を踏んでいて…
その辺の遊び心を残した訳詞になってます。


「I Am The Walrus」




スポンサーサイト
♪ もうひとつの夢があるとすれば
夜の海2 320×240


もうひとつの夢があるとすれば

暗闇で見つけた、冬の貝殻の吐息

冷たい雪と、暑い夏の思い出が出会う時

そこにあなたはいない

越えられない川があるとすれば



もうひとつの夢があるとすれば

暗闇に浮かび上がる、熱い胸の鼓動

静かな海と、暑い夏の思い出が出会う時

そこにあなたを見つける

越えられない川があるとしても



真っ白い便箋に眠る、愛の言葉達

真夜中に泳ぎ出す

涙の川を越えて・・・

もうひとつの夢になる



もうひとつ夢があるとすれば

夕暮れ時に道に迷う、青い風のささやき

忘れかけたメロディが、聞こえて来た時

そこにあなたを見つける

越えられない川を越えてゆく



真っ白い便箋に眠る、愛の言葉達

真夜中に泳ぎ出す

涙の川を越えて・・・

もうひとつの夢になる




もうひとつの夢があるとすれば

もうひとつの愛になる


もうひとつの愛があるとすれば

もうひとつの夢になる

「星屑の町」
昭和30年代 3

先日、他界した親父が好きだった三橋美智也の歌です。
親父が若い頃に三人の子どもを抱えて・・・
貧しいながらも一生懸命に生きていた、昭和30年代に流行った歌謡曲です。
「三橋美智也」は、親父にしてみればある意味
俺の「ビートルズ」のような存在だったと思うので
葬式に流してやろうかなと思ったのですが・・・
急だったし、自分が長男であった事もあり、葬儀ではやる事が沢山有りすぎて、
それ所ではありませんでした。
ようやく落ち着いてきたので
天国にいる親父と一緒に聞こうと思い、アップしました。
親父が元気だった頃、酒呑んでよく歌ってたのを思い出します。
いなくなったら会いたくなるものです。
俺も後何十年か後にそっちに行ったら、又一緒に酒でも酌み交わそう!・・・親父!



「星屑の町」by三橋美智也
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。