FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♪愛のわかれ
雲


透き通る空は スカイブルー

真夏のはぐれ雲 ふわりふわり

形が変わるまで

窓辺で見つめてる

そして話す事もなくなる



透き通った空に 吸い込まれる

何思う事なく うとりうとり

暑中見舞いが届く

古い友達から

そして話す事もなくなる



もう何年越しの 付き合いだろう

思い出したように ぽつりぽつり

歯が痛いと言って

左頬を押さえる

そして話す事もなくなる
 


スポンサーサイト
唾石です!
画像 099


闘病日記みたいになって来ましたが・・・
これが僕を数日間に渡って苦しめたエイリアンの正体です。
口の中から石になって出てきました。
やはり「唾石症」でした。胆石とか尿路結石のような結石が唾の出る所に出来たという事です。
咽喉科の医者は唾石にしては、随分大きいものだと言ってました。
通常は手術で切開して除去するものですが・・・根性で出しました(笑)
おかげで入院しなくて済みました。
残りがある可能性もあるので、薬を飲んで様子をみてCTを撮るという事なのですが、
だいぶ楽になったので、ほっとしてます。

石が取れた!!!(扁桃腺が最悪!!!の続き)
10217948340700012156_5ywfhjtuvw.jpg


なんのこっちゃ?・・・と思うかもしれませんが
舌の裏に数日前から異様に大きな出来物が出来て、痛くてたまりませんでした。
それが石のように固まって、今朝、ぼろっと取れました!
扁桃腺の痛みとその出来物の痛みと・・・オマケに歯まで痛くなるという
三重苦の中で一睡も出来まないまま朝を迎えました。
その出来物が・・・突然ウソのように、ぼろっと取れました。
一瞬、歯が取れたのかと驚きました。
ネットで調べると、どうやら「唾石症」という病気だと推測しました。
「唾石」、というのは唾が出る顎下腺(がっかせん)の中に石が出来てしまったもので、
通常食事をすると、いろんな所から唾液が出ますが、
この顎下腺からも大量の唾液が出ます。
でも、唾石があるために唾が口の中に上手く流れることができなくて
顎下腺にたまってしまい、結果として腫れるというものです。(Web引用)
・・・という事ですが、口の中の異様に大きい出来物というのは激しい痛みを
伴ったせいもあって、言い知れぬ不安を抱かせるものでした。
ひょっとして腫瘍?とか考えて暗くなっていました。、
通常、唾石であれば手術で除去という事らしいのですが、何故取れたのか不思議です。
でも取り敢えず腫瘍のような石は取れて、今は扁桃腺の痛みだけなので
気持ち的にも楽になりました。
荒野鷹虎さん、響わたるさん、Mr.HOBOさん、コメントありがとうございました。
病んでる時のコメントはとても嬉しいものです。
扁桃腺が最悪!!!
1973683 薬


数日前から喉が痛み出して・・・今日最悪です。
歯まで痛くなってきて、食事もとれません。
ズキズキ痛んできて、寝ている事も出来ず
めったに飲まない鎮痛剤を飲みました。
ブログなんかしてないで寝てろ!という感じですが・・・
痛くて寝る事も出来ません。
以前、「いつもの日曜日」という呑気な記事を書きましたが、
明日は病院もやっていないので、かなり辛い日曜日になりそうです。
「いつもの日曜日」の有難さを痛感するはめになりました。

「みかん人形」
639712.jpg


「みかん人形」はドノヴァンの曲で、原題は「Tangerine Puppet」です。
僕がギターのスリーフィンガー奏法を初めて覚えた、記念すべき曲でした。
5フレットのポジションで、開放弦を含んだAマイナーナインスコードの響きが
綺麗なインストナンバーです。
僕が高校生だった時代で、クラスに何人かギターを弾く友達はいたのですが、
その頃は、みんなギター覚えたてで、コードをガチャガチャ弾くだけのストローク奏法か
アルペジオ奏法が主でした。
スリーフィンガーは音数が多くて上手く聞こえました。
学校にギターを持って行ってクラスメイトに聞かせてました。
その頃の十八番は他には、アーローガスリーの「アリスのレストラン」と
ジミーペイジの変則チューニングの「ブラックマウンテンサイド」で
まるでなぞ解き・・・宝探しをするようにコピーしました。
スティーブハウの「Clap」も弾きたくて弾きたくて、たまらない曲でしたが、
あまりにも難易度が高くて、最初のワンフレイズくらいで断念しました。
そう言えばジョンレノンはドノヴァンからスリーフィンガーを教えてもらった時に
「Julia」を作ったと、聞いた事があります。
ドノヴァンがビートルズのメンバーと親交があるというのは後で知った事ですが…
ドノヴァンを初めて聞いた時は、ビートルズと同じブリティシュの匂いを感じました。
ポールマッカートニィが、ドノヴァンの「 Sunny Goodge Street」を
絶賛した事がありましたが、どっちも好きな僕にとっては、
我が事のように嬉しかった。とにかく素晴らしい楽曲です!
最近、ポールとニールヤングがディオで歌う
「Only Love Can Break Your Heart」の動画を見ました。
ニールヤングも、その曲も大好きだったし、
その意外な組み合わせと意外な選曲で驚きました。
ラフに歌う二人の姿に、エルビスから始まって脈々と流れて来た、
ロックの歴史みたいなものを感じて
何度も繰り返して見入りました。

Paul McCartney&Neil Young -「 Only Love Can Break Your Heart 」・・・(YouTube動画 )
http://jp.youtube.com/watch?v=ndEqu50MHdE

Donovan -「 The Summer Day Reflection Song 」・・・(YouTube動画)
http://jp.youtube.com/watch?v=rfuYMGdlTn4&feature=related


Donovan -「 Sunny Goodge Street」 ・・・(YouTube動画)
Donovan - Sunny Goodge Street
いつもの日曜日
3141483.jpg


休みの日は、いつもの日よりも早起きします。
休みの日くらいゆっくり寝てよう・・・ではなくて
休みの日は寝てるのが、もったいないと思うからです。
かと言って特別、充実させようと思ってる訳ではないのですが。
起きて、暫くぼ~っとしてる時間が自分には大切なので、
その時のBGMにはこだわります。
あまり攻撃的なロックとか、ジャズは合いません。
クラッシックは合うかも知れないけど…
自分のライブラリーにないです。
小野リサとか、アストラッドジルベルトあたり
の軽めのボサノバが一番しっくりきます。
マイケルフランクスもいいかもしれない。
最近では押尾コータローも、まったりした時間のBGMに仲間入りしてます。
これが又、意外とぴったり、はまります。
そういえば、年頭に押尾コータローを久々に聞いて、
一念発起して、今年はアコギを練習しようと思ったのですが、
いっこうに進んでいません・・・(やるつもりではいます。)
そして、ひとしきりの、まったりが終わると、
週に一回の念入りな部屋掃除をして…
昼下がりに山下達郎のFMの番組を聞いて…
少しばかり昼寝して・・・
夜にはサウナ上がりのビールタイムに突入するというのが、
平均的な僕の日曜日です。
野球シーズンはこれに大リーグのテレビ観戦が加わりますが、
この時期はイチローも見られないので、あまりテレビは見ないです。

Brog Petのポンが記事を書きました!
10219421402500016916_z8a1ta7cvw 猫


あれ?俺こんな記事書いたかな?と思って、びっくりしました!
今は、おそらく天国で寝ているポンの写真を載っけておきました。
眠たいのに頑張って書いたと思うので、拍手も入れました(笑)
ビートルズとの出会い (BlogPet)
画像 028 (3)


まるちの「 ビートルズとの出会い 」のまねしてかいてみるね



私がそうで歌える曲もレコードにも知らない。
続きは思わなかった憧れの学校にあるレコードにドノヴァンをコピーして・「3丁目の夕日」の何たるかも中、制服のような自己主張でした頃でしたけど…でも不良に合わせて楽しくて楽しくてたの人がそうで学校だったけど…髪をやるきっかけに渡って・自分でもレコードと注意された事が高い「YourMotherShouldknow」、とにかく計りしれなかった(笑)。その頃でしたかも…etcこの場を何度も中、「BEATLES」でしたけど…あいつ何度も属さず、バンドを何、うるさい!その頃は自分の感じだったかも…時々、「OhDarling!」を下げるなんて事がないのに、バンドを買って行こうと言えば、「DevillInHerHeart」、同じ人間なとか思って)るんだと思ってました頃に信じてましたとは又のような自己主張でしたとかたくなに生きてました頃にお袋から、結構いけるなとか思って)そして高校生に生きて)るんだから、叫んで歌える曲も知らないのに、やっぱり・「DevillInHerHeart」、小学生の音域に念願の何たるかもありました時は、親父の音域に合わせて絶叫した(笑)ただ、歌ってると同じ人間な自己主張でした。

*このエントリは、ブログペット
「ポン
」が書きました。
ビートルズとの出会い
beatles イメージ


私が30年もの長きに渡って、バンドをやるきっかけになったのは、
多くの人がそうであるように、やっぱり・・・「BEATLES」でした。
家にあるレコードと言えば、親父の三橋美智也くらいしかなかった
まるで「3丁目の夕日」のような、小学生の頃に、
ビートルズを初めて聞いた時の衝撃は、とにかく計りしれなかった。
中学生になって、親父に念願のギターを買ってもらって
四六時中、ビートルズをコピーしてました。楽しくて楽しくてしようがなかった。
ただ、ビートルズはキーが高い!その頃はキーの何たるかも知らないのに、
キーを下げるなんて事が分かるはずがない。
周りの迷惑顧みず、レコードに合わせて毎日、毎日、歌ってました。
おそらく、周りの人は歌ってるとは思わなかったかも…
あいつ何、叫んで(怒鳴って)るんだ?というくらいの感じだったと思います(笑)
でも中には、無理なく原調で歌える曲もありました。
「Michell」、「Your Mother Should know」、「Words of Love」、
「Devill In Her Heart」、「I Will」…etc
このへんは自分でも、結構いけるなとか思ってました(笑)
ただ、メッチャ、キーの高い「Oh Darling!」を何度もレコードに合わせて
絶叫してた時は、さすがにお袋から、うるさい!と注意された事がありました。
この場を借りて謝ります。
その頃は、同じ人間なんだから、訓練を積めば、ポールと同じくらい高い声が出るはずだと
かたくなに信じてました。無知というのはホント楽しい事です(笑)
そして高校生になって…時々、学校サボって、相変わらずギターばかり弾いてました。
ドロップアウトする事に、漠然とした憧れの意識があって…
でも不良には成りきれずにいた頃でした。
屈折していて・・・自分は何処にも属さずに、
そして、誰にも拘束されずに生きて行こうと思っていた頃でした。
長髪禁止、制服の学校だったけど…髪を伸ばして、私服で学校に行ってました。
ささやかな自己主張でした(笑)。その頃にドノヴァンを知りました。
ビートルズはキーが高かったけど、ドノヴァンは自分の音域にぴったりでした。
続きは又の機会に。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。